暑い夏こそジューサーの活用時

食欲が落ちやすい夏こそジューサー活用

ジューサーとミキサーの違い

気温が上がるとどうしても冷たい物を摂取してしまいがちですね。
冷たい物の取りすぎや、冷房で冷やされた室内と暑い野外との温度差によって、自律神経の働きが乱れ、冷えが身体の中に溜まりやすくなってしまいます。
身体の中が冷やされることで、胃腸などの消化器官の働きが鈍くなってしまいがちです。
身体に必要なタンパク質やミネラル、ビタミンなどの栄養素も吸収されにくくなってしまうのです。
さらに、たくさん汗をかくことでも、水分やミネラルが大量に失われてしまいます。
こういった栄養バランスの乱れから、疲れやだるさなどの「夏バテ」の症状が起こってしまいます。
慢性的な食欲不振や無気力、だるさ、胃腸障害などが長く続くと、深刻な病気に進行してしまう事も。
「夏バテ」の予防や改善のポイントになるのは充分な睡眠と栄養補給です。
暑い夏には、特に、糖質をエネルギーに変え、疲労物質を分解してくれる役割のあるビタミンB1、ストレスに対処するホルモンの合成を助けるビタミンC、そして、身体を作る為に必須となるタンパク質などが不足しがち。
食事で取れるのが一番ですが、食欲が落ちている時はなかなか充分に取ることが難しいものです。
そこで活躍するのが、野菜や果物を使ったフレッシュジュースです。
中でも、昨今、海外セレブなどが愛飲していることで注目を集めているコールドプレスジュースは、野菜やフルーツの持つ本来の栄養素を効率良く摂取できるので、夏バテの強い味方です。
オススメジューサーやレシピなどもまとめてみました。

夏の体調維持の秘訣

野菜や果物を使ってジュースを作る調理器具を探す時、「ジューサー」と「ミキサー」があり、どちらがいいのか悩むときがあります。 「ミキサー」とは、食材をカッターで粉砕し、ペースト状にしたり粉末にしたりすることができる調理器具。 一方「ジューサー」とは食材をすりおろしながら、エキスだけを絞りだす調理器具です。

コールドプレスジュースの特徴

同じ生の野菜や果物を使用して作られるフレッシュジュース類でも、スムージーとコールドプレスジュースという名前をよく耳にします。 加工する際の調理器具による名称の違い以外にも特徴が異なります。 摂取した時の効果などを比較して取るようにすると良いでしょう。

オススメジューサー

ジューサーをネットで検索すると様々な商品が出てきます。 高速でジュースを作れる高速ジューサーや低速のジューサー、ついているアタッチメントも様々です。 選ぶ際に気を付けておくポイント、「夏バテ」に効果が期待できるコールドプレスジュースのレシピなどを調べてみました。

PAGE TOP