食欲が落ちやすい夏こそジューサー活用

夏の体調維持の秘訣

ジューサーとミキサーの違い

「ジューサー」と「ミキサー」はその構造の違いで、出来上がる形状が異なります。
「ミキサー」は、ガラスなどの容器の下部に鋭い刃がついていて、これが高速回転することで素材を粉砕します。
野菜や果物を加工すると、繊維質まで丸ごと入ったスムージーが作れます。
満腹感が得られやすいため、ダイエット中に、食事の変わりに取り入れることもあります。
一方、「ジューサー」は、素材を搾りかすとエキスに分け、エキスだけを絞りだすため、サラサラしたジュースを作ることができます。
高速で回転する刃で、硬い食材でも絞ることができる高速ジューサーと、低速回転のスクリューで食材をすりつぶす低速ジューサーがあります。
エキスだけ抽出する「ジューサー」は、消化機能の低下した「夏バテ」の時期にはもってこいです。

消化し易く栄養素が豊富

「ジューサー」で抽出されるエキスには、食物繊維が含まれないため、消化に時間がかからず、効率良く栄養素が摂取できます。
食欲が低下し、消化機能も低下している「夏バテ」の時期には、効率良く栄養補給ができます。
高速ジューサーだと、刃の回転が早く、硬い食材でも素早く加工できますが、熱が発生するため、食材の酸化を招くことがあり、栄養素の中で熱に弱いものは破壊されてしまう事があります。
その点、低速ジューサーでは、加工に時間がかかりますが、栄養素や、生の植物特有の酵素など、熱に弱い重要な栄養もそのままジュースに加工することができます。
酸化もほとんど無いため、見た目の色合いも鮮やかで、消化吸収効率の良い栄養豊富なジュースを作ることができます。


PAGE TOP